彼岸過迄ひがんすぎまで
事実を読者の前に告白すると、去年の八月頃すでに自分の小説を紙上に連載すべきはずだったのである。ところが余り暑い盛りに大患後の身体をぶっ通しに使うのはどんなものだろうという親切な心配をしてくれる人が出て来たので、それを好い機会に、なお二箇月の …
作品に特徴的な語句
ヘッド おい おい もて ふち しゃ ぱなし くべ あた はずれ おんぶ とらえ ふや わる うみ しゃ 交換とりやり 退しり じょう かい たま あく 俯伏うっぷし かん むなし うけ あけ あっ じか ふっ はず あんまり まじわ 御寝おね くるい 背負しょわ つね いそぎ みず 焦躁いら こご たっ きらめき そら 嗜好たしなみ ずき たず つまび わず じき 悄然しょげ こと 道理どうれ あら おお 勘定かんてい 住居すま もう 彼女かのおんな あず 交換やりとり ぎゃく ためし うま かい くね こだ 地方ところ 服装つくり げっぷ 技巧アート ひる あや かおり 首肯うな 羞恥はにかみ もと ひら たっ そり 冷笑ひや いっ 火気ほとぼり ふとこ じゅう ドアー ゆき 淡泊あっさ おち 蒼白あおしろ うし 貴女レデー さが はじ