彼岸過迄ひがんすぎまで
事実を読者の前に告白すると、去年の八月頃すでに自分の小説を紙上に連載すべきはずだったのである。ところが余り暑い盛りに大患後の身体をぶっ通しに使うのはどんなものだろうという親切な心配をしてくれる人が出て …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 烏賊いか 流暢りゅうちょう 通夜つや 長火鉢ながひばち いそ 稲妻いなずま 面長おもなが 凄味すごみ 納得なっとく 海月くらげ 諏訪すわ 嫌疑けんぎ 煙草盆たばこぼん たこ あと そそ 藁草履わらぞうり 午過ひるすぎ 短冊たんざく 従弟いとこ 袖口そでくち 銅鑼どら 藁葺わらぶき 小倉こくら 惜気おしげ 薄縁うすべり 山羊やぎ 板塀いたべい 先途せんど 梶棒かじぼう 権柄けんぺい 白木しらき 見覚みおぼえ 土堤どて 護謨ゴム 敷衍ふえん 満腔まんこう 手柄てがら 標榜ひょうぼう 効目ききめ 屈託くったく 瑪瑙めのう 茫漠ぼうばく 陳腐ちんぷ 成行なりゆき おり 余裕よゆう 初手しょて 日蔭ひかげ 無沙汰ぶさた 蔵前くらまえ 見栄みばえ まつげ 白髪頭しらがあたま 頭蓋骨ずがいこつ 思案じあん 凡庸ぼんよう 屈托くったく 従妹いとこ 御蔭おかげ 窓硝子まどガラス 衣摺きぬずれ 錯覚さっかく 鶏卵たまご 拳骨げんこつ 退治たいじ 気兼きがね 経帷子きょうかたびら 草双紙くさぞうし 関聯かんれん 蒲鉾かまぼこ 島田髷しまだまげ 硯箱すずりばこ 窓際まどぎわ すずき 手数てすう 闇夜やみよ 並木なみき 書翰しょかん 三和土たたき 生捕いけど 硝子窓ガラスまど 田楽でんがく 臙脂べに 蹴落けおと ともえ 厭気いやき 二間ふたま 常磐木ときわぎ 夢現ゆめうつつ 齷齪あくそく 発作ほっさ 読経どきょう 麦藁帽むぎわらぼう 鼓舞こぶ ふる 吾々われわれ 手蹟しゅせき