“嗜好”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しこう83.2%
このみ7.2%
しかう4.8%
すき1.6%
かうし0.8%
0.8%
すきこの0.8%
たしなみ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僕はあなたがあんなものに嗜好を持っているなんて、一度も聞いたことがない。あなたはどうして、その七宝の花瓶を買ったんです。
孤島の鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
武家の堅苦しい娘などよりも、砕けた市井の女のほうが、わしの嗜好に一致する。水戸様石置き場の空屋敷に出入りを
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
なほ天堂に於ける天女にして、もしその面貌醜ならむか、濁世悪魔花顔雪膚に化したるものに、嗜好の及ばざるや、だ遠し。
醜婦を呵す (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
息子嗜好色々御馳走して「さて、や、お此頃はどうしておいでだえ。矢張めませんのかえ。」とながらにめかけると
それ故食堂に入つて、中に居る人、其注文の品、そんなものを観て居ると、本当に種々で、平素の生活状態や、趣味嗜好といふやうなものが、さながらの縮図となつて展開されて来る。
買ひものをする女 (新字旧仮名) / 三宅やす子(著)
先天的のビフテキ党だ、ちょうど僕のようなんだ。女は嗜好きなんていうのはサ!
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
櫻木大佐今年三十三海軍大佐であるが、日本人にはらしいかゝる遊戯嗜好んで、また仲々達者である、投手大撰手として、雄名仲間にはれもなかつた
僕の画道における嗜好は、それから以後今日に至るまで、ついぞ画筆を握った試しがないのでも分るのだから、赤や緑の単純な刺戟が、一通り彼女の眼に映ってしまえば
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)