“すき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:スキ
語句割合
53.2%
13.0%
10.4%
数寄5.9%
2.5%
数奇2.1%
1.4%
1.1%
間隙1.1%
1.1%
數寄1.0%
所好0.9%
0.9%
空隙0.5%
0.3%
好色0.3%
0.3%
隙間0.3%
0.2%
嗜好0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
主基0.1%
周吉0.1%
好物0.1%
數奇0.1%
0.1%
機会0.1%
機會0.1%
淫乱0.1%
0.1%
空席0.1%
空所0.1%
0.1%
罅隙0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
間際0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの狡猾な土蜘蛛は、いつどうしたのか、大きな岩で、一分のもないように、外から洞穴の入口をぴったりふさいでしまいました。
犬と笛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
雪をはじめにかきこむは、ものすごく大きくて、前へのように出ていた。一郎は、時間のたつのも忘れて、じっと見つめていた。
未来の地下戦車長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
月々丑松から送る金の中からな地酒を買ふといふことが、何よりの牧夫のたのしみ。労苦も寂寥も其の為に忘れると言つて居た。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
も私の酒癖は、年齢の次第に成長するに覚え、飲慣れたとうでなくして、れたまゝ物心の出来た時から自然に数寄でした。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
御門から御深井丸へ出、御旅蔵の東を抜け、不明門から本丸へ這入った。矢来門から玄関へかかり、中玄関から長廊下、行詰まった所が御殿である。
天主閣の音 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
もこの界隈にはこう云う家も珍しくはなかった。が、「玄鶴山房」の額や塀越しに見える庭木などはどの家よりも数奇を凝らしていた。
玄鶴山房 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
この仕事が早いとともに純真なものだったら! 雪がふかいときは人々は鉄の馬に雪沓をはかせ、巨大なで山から海沿いにかけてをつくり
「お前何か食ひ度いものはないか」とか、「さうか、よし/\お前がなものなららう/\」
君! 軌道と軌道の接続点におおよそ二分ばかりの間隙があるだろう、この間下壇の待合室で、あの工夫のに聞いたら一にあれがおよそ五十ばかりあるとね
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
「まだ朝飯にありつかないんで、——あわてて飛出したが、に小石川は遠すぎましたよ」
お弓町の宇佐美直記の屋敷は、さして廣くはありませんが、なか/\に數寄を凝らした構へで、宇佐美家の裕福らしさを端的に物語つてをりました。
私の祖父所好でして、よく、王子の扇屋の主人や、千住の女郎屋の主人なぞと一緒にに行きました。
夜釣の怪 (新字新仮名) / 池田輝方(著)
この若駒はかなり方々を彷徨したのだったが、今はひとりでにもどってきて、民族のにつながれようとしていた。数人の友の実例で十分だった。
つまり二重に張った天井の中間がようように腹ばいにはえるくらいの空隙になっていて、それが家じゅうの天井をおおいつくしていた。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
青年の時代にくある一種の迷想から、丁度一生の運命を一時のに占ふやうに見える。『』と受けた文平もさるもの。故意と丑松の方角を避けて、うろ/\する仙太のいた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
こぼるゝ幾筋の雪はづかしき頬にかゝれるほど、好色たる人に評させんは惜しゝ、何とやら觀音さまの面かげに似て、それよりは淋しく、それよりは美くし
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
段々雪が融けると、尾が消え、腹がられ、のような形をして、消えてしまうと語った、白い鳥は消えても、注意して見ると、岩壁かめしい赭色の農鳥は、いつ、いかなる時でも
雪の白峰 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
新九郎は無二無三に、彼の撃ち込む隙間もなく斬って斬って斬り捲くった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今弟のを聞いて、小婢の失踪したのと、土穴に腥羶の気があるのとの間に、何等かの関係があるように思った。そして同班の卒数人と共に、を持って咸宜観に突入して、穴の底を掘った。
魚玄機 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
派出所の巡査など五六名の者は笊碁の仲間で、に自分と升屋とは暇さえあれば気永な勝負を争って楽んでいたのが、改築の騒から此方、外の者はともかく、自分はど何より嗜好
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
の透く髪を一筋整然と櫛を入れて、髯のから小鼻へかけて、ぎらぎらと油ぎった処、いかにも内君が病身らしい。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
うつして夷歌によみつゞけぬるもそのかみ大黒屋ときこえしどのには母の六十の賀のをひらきし事ありしも又天明のむかしなればせきの紙のかへし目白の滝のいとのくりことになんありける
(塵取り、などを投げつけ、太郎吉を抱いて逃げ込む)
沓掛時次郎 三幕十場 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
夫が「ちょっと出て来る」と云って出かけるたびに、「このに僕の日記を読んでおけ」と云われているように私は感じる。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
殊に大新嘗には国中の公田悠紀主基卜定して、その所産をもって祭儀の中心たるべき御飯の料にてられることになっていた。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
しかるに悠紀主基二殿内部の作法鋪設のごときものは、特に秘儀というまでの厳重さではなかったというにもかかわらず、ただその無限のとさの故に
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
それで今度は社を大きく建て直すと、またいつの間にかそれを押し破ったといって、後にはよほど立派なお宮になっていたそうです。(隠州視聴合記。島根県周吉郡東郷村)
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
どんな菓子が好物だつたか、今思ひ出さうとしても思ひ出せないが、生れてから十年近くを過した四ツ谷塩町附近に、松風堂といふ菓子屋のあつたことを覚えてゐるのは不思議である。
甘い話 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
たくみにを窺へるナヴァルラの者、そのをもてかたく地を踏み、忽ち躍りてを離れぬ 一二一—一二三
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
猪はゆらゆらと揺らめいたが、クルリと頭を立て直し、低くその頭を雪に付け、爛々たる眼で武兵衛を睨み、蹴られないための用心に怒り毛の背を低く縮め、静かに機会い出した。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
裸なる身にうちぬり將に互に攻め撲たんとしてまづおさゆべき機會をうかゞふ勇士の如く 二二—二四
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
でも、たちの日給いくらだと思っているの。五十銭から七八十銭。月いくらになるか直してごらんよ。——淫乱なら無償でやらせらアねえ!
工場細胞 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
よく晴れた秋の日で、草の葉を揺るほどの風もなく、透るような空気の中に、翅虫のうなりが静かに聞えていた。
藪落し (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
漸々の事で、最後の三等車に少許空席を見付けて乗込むと、その扉を閉め乍ら車掌が号笛を吹く。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
あの本棚の第二段目の空所は、せいぜい五六冊もあれば、きちんと埋まりますが、いかがですか? あの空所は何ですか不体裁でございますよ
に聞くと、眼のまわりそうな声だ」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
南京蟲は物の罅隙に其の生を保つ。疾病が個人と社會とのピツタリと相合して居らぬ罅隙に於て、其の生存と繁殖との地を占めて居ることは、蔽ふ可からざることである。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
最後の一の土を墓穴へかぶせてしまって、お終いの挨拶がすむと、父子はゆったりした歩調で家の方へ帰って行ったが、その一歩一歩がひどく大儀そうであった。二人とも無言で歩いていた。
(新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
諸王、諸臣、及び天下の百姓、長老は愛児を失ふがく、塩酢之昧口に在れどもめず、少幼者める父母ふが如くて、つる声、行路に満てり、耕夫を止め、舂女せず。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
御從軍御許あらば、面目じとありければ
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
と声をたてるもなく
流線間諜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
武士の末流、浮浪、その他少数の智勇弁力の徒が、日に徳川の天下を顛覆せんとそのう時に際して、国民の多数は、酔生夢死、封建政治に謳歌したるもまたべならずや。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
じようぶなが澤山あつたらよいなあ
半年ごとに、その期間の出勤日数百二十日以上のものは、一位の三十疋、綿三十屯、布百端、百六十より従八位の絁一疋、綿一屯、布三端、鍫十口まで、官位に応じて禄をうける。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
荻生さんが心配して忙しい郵便事務のをみて、わざわざ弥勒まで出かけて行くと、清三はべつに変わったようなところもなく、いつも無性にしている髪もきれいに刈り込んで
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
孫六はこれをはじめとし、差しつめ引きつめさんざんに射、鎧の、草摺りのの鉢下、胸板、脇腹、相手かまわず敵を射た。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
だからお前さんさえ開閉を厳重に仕ておくれならア安心だが、お前さんも知ってるだろう此里はコソコソ泥棒や屑屋の悪い漂行するから油断も間際もなりや仕ない。
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)