“すか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:スカ
語句割合
59.3%
34.5%
2.8%
0.8%
0.8%
0.5%
数個0.5%
0.3%
透過0.3%
酢川0.3%
須加0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「何だって、そんな余計な事を云うんだ」と度盛して見る。先生の精神は半ば験温器にある。浅井君はこの間に元気を回復した。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それをめたりしたりしながら、松井町へつれて来た時には、さすがに牧野も外套の下が、すっかり汗になっていたそうだ。……
奇怪な再会 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
『それ發射!。』と瞬間日出雄少年さず三發まで小銃發射したが、猛狒平氣だ。武村兵曹つて
ふふん、地球なんざあ、いけない
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
トいってまだ年端も往かぬに、にはなまよみの甲斐なき婦人の身でいながら、入塾などとはの外、トサ一旦は親の威光で叱り付けては見たが、例の絶食に腹を
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
さず白糸は起きるところを、はたと踢仆されたり。賊はそのに逃げせて行くえを知らず。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
看護員はひしひしとその身を擁せる浅黄の半被股引の、雨風に色せたる、たとえば囚徒の幽霊のごとき、数個の物体をわして、秀でたる眉をめつ。
海城発電 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
は夏なりしゆゑ客舎かげにをしきて納涼居しに、主人は酒をむ人にて酒肴をこゝに開き、は酒をばざるゆゑ茶をて居たりしに
そこで僕は、伸子がレヴェズにあのを指定して、自分はアレキサンドライトを髪飾りにつけ、それに電燈の光を透過させて、レヴェズを失意せしめた——と解釈するに至った。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
酢川おとし』の行為は法に触れるべきものであるが、『酢川おち』の現象は村民にとつては無くてはならぬ、はば一つの年中行事の如き観を呈するに至つた。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
そして、しまいに、須加というところまでおいでになると
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)