“うつろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウツロ
語句割合
空洞34.3%
空虚33.9%
11.3%
9.1%
7.0%
0.9%
虚洞0.9%
0.4%
洞穴0.4%
中虚0.4%
0.4%
洞窟0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのまぼろしの影がだんだんに薄れてゆくと共に、かれの魂もだんだんに消えて、自分のからだが空洞になってゆくかとも思われた。
小坂部姫 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
主人八郎兵衛と番頭、度を失って挨拶も忘れたものか、蒼褪めた顔色も空虚に端近の唐金手焙りを心もち押し出したばかり——。
その瞬間、彼らの前面は、心に何のまとまりもないになっていた。そして不気味な絶叫の聞えた土間の入口にばかり気をられていた。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さもなかつたら、木魂姫がてゐる其の洞穴が裂くる程に、また、あの姫のな声がの声よりも嗄るゝ程に、ロミオ/\と呼ばうものを。
文章その他 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
又その根の半分枯れたところにがあって、深さ六、七寸、それが怪物の口であろう。ゆうべの灰と火がまだ消えもせずに残っていた。
下なるはいよいよ細りていつしか影も残らず消ゆれば、残れる一片はさらに灰色にいて朦乎と空にさまよいしが
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
今日く一月のを過ぎぬるに、梅林の花は二千本のに咲乱れて、日にへる光は玲瓏として人のを照し、むる幾斗清香りてぶにへたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そのの色は惨として夕顔の花に宵月のへる如く、そのなるべきもほとほと、相似たりと見えぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
山毛欅洞穴からびだしたひとりの怪人が、電火のごときすばやさで、かれの胸板敢然とついてきた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
このうちから、千山毛欅洞穴の中にかくれて、毎朝、喬木の上によじあがり神刑にかけられている忍剣の口へ、食餌をはこんでいたと見えたのは、まったく、竹童なのであった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一の小川の響きによりてしらる、この小川はり流れて急ならず、その噛み穿てる岩の中虚を傳はりてこゝにくだれり —一三二
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
すなわち『万葉集』巻四の「念はじと曰ひてしものを唐棣花色の、ひやすきわが心かも」、同巻八の「夏まけて咲きたる唐棣花久方の、雨うち降らばろひなむか」
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
子を生みし後も宮が色香はつゆはずして、可悩風情りたるに、が愛護の念は深く、は人目の見苦きばかりるのみ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)