“うつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウツ
語句割合
28.0%
12.5%
9.7%
4.5%
4.4%
3.2%
3.2%
3.0%
2.9%
2.8%
2.5%
2.4%
伝染2.3%
1.4%
1.4%
1.2%
1.0%
0.7%
感染0.6%
0.6%
宇津0.5%
傳染0.5%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
反映0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
移転0.3%
0.2%
0.2%
宇都0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
相応0.2%
移動0.2%
移轉0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
白痴0.1%
0.1%
0.1%
内海0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
推移0.1%
0.1%
撮影0.1%
映像0.1%
映射0.1%
0.1%
模彩0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
移植0.1%
移牒0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
臨摹0.1%
0.1%
0.1%
虚茫0.1%
調和0.1%
謄写0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
遷座0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はっと、視覚から脳へそれが直感する一秒間の何分の一かわからない一瞬に、すでに眼にる二人の位置と姿勢はまるで変っている。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「あたしは、すみれをしてやりましょう。」と、竹子さんはいって、すみれをば地面からして、素焼きのしました。
つばきの下のすみれ (新字新仮名) / 小川未明(著)
曹国公李景隆に命じ、兵を調してに河南に至り、周王及び世子妃嬪え、爵を削りて庶人となし、雲南しぬ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「いや、許田の御猟は、近来のご盛事じゃったな。臣下のわれわれも、久しぶり山野にを散じて、まことに、愉快な日であった」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「なーんだ」わたしは出し抜かれたやうなろな気になつた。わたしは腕組をして、四畳半をたゞうろついた。帽子をかぶつて外に出た。
愚かな父 (新字旧仮名) / 犬養健(著)
九人は、完全にの庶民の心に、なりって居た。山の上は、昔語りするには、あまり寂しいことを忘れて居たのである。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
それだから、彼等にとって生徒はまことに有難いものにるので「生徒さん」と云う名をつけてして呼びずてにする事はしなかった。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
……ハートをダイヤだと言い、勘定を間違え、札を取り落し、はては物にえたようなろな笑い声を立てて、皆の顔を見廻す。
グーセフ (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
むかしむかし大昔から二千のこと、一人金持ちがあって、くしい、気立い、おかみさんをってました。
源氏の藤の裏葉を七枚程書いたへ、画報社から写真をしに来た。七瀬と八峰が厭がつたから私ととだけで撮つて貰つた。
六日間:(日記) (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
彼は口腔内にも光があるのを確かめてから、死体を向けて、背に現われている鮮紅色の屍斑を目がけ、グサリと小刀の刃を入れた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ここ、彼処に、同じ驚愕と、同じろな叫びが聞え出した。すさまじい勢いでぶつけて来たこの山にはすでに人影もなかったのである。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ああそうか、なるほどなるほど、いかにもそうでしたね、……そりゃ叔父さんのクセが伝染って六ヶ敷しく考えすぎたかナ……」
白金神経の少女 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
彼女はしい聲音で僕に語る——あなたが實にしとつたあの眼で凝と僕を見下して——その珊瑚のやうな唇で、僕に微笑みかける。
虚栄の念また盛んで馬具で美麗を誇る、故にスペインで不従順な馬を懲らすに荘厳なる頭飾と鈴を取り上げ他の馬にし付けると。
家主壮夫三五人をひ来りて光る物をに石なり、皆もつてとし石を竹林に捨つ、その石夜毎に光りあり、村人おそれて夜行ものなし。
ただの町獣医では親類わせる顔もないと思うから、どう考えてもあきらめられない。それであけてもれてもうつたのしまない。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
宮は慄然として振仰ぎしが、荒尾の鋭きは貫一がりたりやと、その見る前に身の措所無打竦みたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「波岡家では、町方の手先や御用聞は、門の中へ入れると、不浄が感染ると言ったじゃないか」
丹泉はしきりに称讃して其鼎をためつすがめつ熟視し、手をもつて大さをつたり、ふところ紙に鼎の紋様をしたりして、斯様いふ奇品に面した眼福を喜び謝したりして帰つた。
骨董 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
宇津峠も、桑名の城も、鈴鹿峠も天竜川も、ことごとく広重の絵であった。むろん、木橋はコンクリートになり、山は乱伐ではげており、無粋な電柱が立っている。
胡堂百話 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
「レコが入つてたんやろ。……あの人も雪隱で拍手を叩くなんて、少し傳染つて來たかなア、おきちが。」と千代松は微笑んだ。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
唇から付いたんなら、もう少しすり付きますが、筒の口は紅が笹色になつてゐるほど付いてるでせう。それは、紅皿から指で筒の口へつたものに相違ありません
映すことの構造はうつすが示すようにす、す、すなどの等値的射影を意味している。
うつす (新字新仮名) / 中井正一(著)
見るに足らぬとそちで思わばが手筋も知れてある、大方高の知れた塔建たぬ前から眼にって気の毒ながら批難もある、もう堪忍の緒もれたり
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
て仰の通り少しも違はず何でも物ごとは話して見なばらぬものなり貴君樣に此お話しをせずば大切の品を何時までもり居るか知れざりしに今日元の主へ返へすべき便りを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
時折その信心が迷信にっている場合もあるでしょうが、信心は人間を真面目にさせます。このことが作る品物にも反映ってくるのだと思われます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
内容には色々な世相をしてゐるが、秀れたものは、矢張り恋愛と戦争を書いたものに多かつた。
かりして居ればおとなまでが、汚ないつらしてやがるといふ言葉を叩きつけて行く、めたん子の遊ぶ時間はどれだけたつぷりあつても、何處も行き停まりであつて
めたん子伝 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
わざわざ御自身でおいでくだされて、あのけ者を婿養子にとのお言葉さえあるに、恐れ入ったただいまの御仕儀。これが尋常の兄じゃ弟じゃならば、当方は蔵前取りで貴殿は地方だ。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
善は急げと、其日すぐお由の家に移転つた。重兵衛の後にいて怖々入つて来る松太郎を見ると、生柴大炉べてフウフウ吹いてゐたお由は、突然
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
登時大岡忠相ぬし再度元益に向ひて云やう其方親子は庄兵衞の殺されたるより其のよと願ひ出たるをり武左衞門親子の者はしく庄兵衞を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
かくて不毛をアバラケ、それよりカハラケとして呼ぶに及んだでなかろうか。
し櫻山に風る時は卯月の末の空花の藤枝はや過て岡部に續く宇都の山の細道十團子夢かにも人にもぬ宇都の谷と彼の能因が昔を今にも變らぬ梅若葉鞠子の宿を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
さてそのついでに調べると、小栗の譚は日本の史実を本としたものの、西暦二世紀に、チミジア国(今のアルゼリア)の人アプレイウスが書いた、『金驢篇』の処々をし入れた跡が少なくない。
葉子は顔をくして、むいていた。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
けしさまにたてる時。
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
詮方なしに煙草の会社へ通つて居た十一になる娘を芳原へ十両でて、も手数の何のツて途中へ消えて、手に入つたのはたお前、六両ぢやねいか、焼石に水どころの話ぢやねエ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
そういう英雄豪傑の写真に交って、ぽん太の写真が三、四種類あり、洗い髪で指をのところに当てたのもあれば、桃割に結ったのもあり、口紅の濃くっているのもあった。
三筋町界隈 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
私はもと甘家の弟さんと許婚になっていたものですが、家が貧しくって、遠くへったものですから、とうとう音信がなくなりました、それが今度帰って聞きますと、甘の方では
阿英 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
なぜ同行の大使館員二人にはらないのでしょう! これでは殿下は死んでも死に切れません! いいや殿下は我慢なさっても我々印度人にはもう我慢がならないのです
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
柘榴の花は、薔薇よりも派手にかつ重苦しく見えた。緑の間にちらりちらりと光って見える位、強い色を出していた。従ってこれも代助の今の気分には相応らなかった。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
紙帳の天井に、楓の葉のような影が二個映ってい、それが、ひそかな音を立てて、あちこちへ移動っていた。小鳥の脚の影らしい。また二個数が増した。もう一羽、紙帳へ停まったらしい。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
善は急げと、其日すぐお由の家に移轉つた。重兵衞の後にいて怖々と入つて來る松太郎を見ると、生柴を大爐に折燻べてフウ/\吹いてゐたお由は、突然
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
出されしに女房が亂心なし奉行所へ召連たへとしをしも知らねば如何なるのお尋かと心に不審く引出されしが其時大岡殿庄兵衞を見られ其方は何時改名せしぞ其方の名を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
皇居を京都から東京にし、そこに新しい都を打ち建てよとの声が、それだ。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
従つて、傍丘を或はもとほりの丘辺など言ふ語ですことはいけないので、地名にあるものは、此とは別である。かういふ言葉が文献時代になつても、散列層のやうにつて残つて居るのである。
愚かしく、くしく
海豹と雲 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
お京は家に入るより洋燈に火をして、火鉢を掻きおこし、吉ちやんやおりよと聲をかけるに己れは厭やだと言つて柱際に立つて居るを
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
立通指替の大小并びに具足迄省愼置るゝ程の氣質にては勿々此金子を受取ざるも道理なりしながら某しも一人のて昔しの恩を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
原田は白眼付横着ものめ定めし汝は脇差ばかりではまじ外々の品もみ取てたでうと問詰ければに二本の脇差はぎの火中へ入て御座りしを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
なお、「春の日のうらがなしきにおくれゐて君に恋ひつつしけめやも」(巻十五・三七五二)という、狭野茅上娘子の歌は全くこの歌の模倣である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「春の日のうらがなしきにおくれゐて君に恋ひつつしけめやも」(巻十五・三七五二)は狭野茅上娘子の歌だから、やはり同じ傾向の範囲と看ることが出来
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
それを再び使者をもって我らに強制なされようとはいよいよもって白痴けな振る舞い。ただただ呆れるばかりでござる。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
返答を聞きたいと云われるなら甚五衛門しかと申し上げるによって、忘れずに殿に申し伝えられい——我らが主人義明公は、本来馬鹿者ではござらぬが魔性の女に魅入られて近来白痴けになり申した。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それが自分にろうがうつるまいが、そんなことは一切合財考えなしで随分可笑しな不調和な扮装をしている人が沢山あるようです。
好きな髷のことなど (新字新仮名) / 上村松園(著)
何とかして自分にあうもの、る形などについて、婦人がそれぞれに自分で考えるようなことになってほしい気がします。
好きな髷のことなど (新字新仮名) / 上村松園(著)
妙子さんのがったとは決して仰有らない。唯清之介さんが流感に罹った、と全く別口に扱っている。母親は殊に身贔屓が強く
女婿 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
お勢は返答をせず、只何か口疾いた様子で、忍音に笑う声が漏れて聞えると、お鍋の調子の声で「ほんとに内海……」「しッ!……まだ其所に」と小声ながら聞取れるほどに「居るんだよ」。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
し願は輕羅と成て君が細腰にまつはりたしなどと凝塊り養父五兵衞が病氣にて見世へぬを幸ひに若い者等をしては日毎夜毎に通ひ邂逅には外を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
葡萄の蔓は高く這ひのぼりて、林の木々にさへ纏ひたり。彼方の山腹の尖りたるところにネミの市あり。其影は湖の底にりたり。我等は花を採り、梢を折りて、且行き且編みたり。
芝居は眼にたへる方が主で、耳に愬たへる方が従であるといふやうに解釈するものがあるとすれば、それはあまり芝居の歴史にすぎます。
演劇漫話 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
ただ闇雲に、外面如菩薩の、噉肉外道の、自力絶対のと、社会が変っても、人心や生活様式推移っても、後生大事に旧学にりついているのは、俗にいう、馬鹿の一つ覚えと申すもので……。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
逐清搬楸枰 清を逐うて楸枰をす。
閉戸閑詠 (新字旧仮名) / 河上肇(著)
または写真機を出して撮影して行くものなぞいろいろありまして、中には何やらお話をしかけるものもあります。
オシャベリ姫 (新字新仮名) / 夢野久作かぐつちみどり(著)
らなる月の世界の鳥獣映像すと聞けり。
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
その水の光は、足許に影を映射して、羽織の栗梅く澄み、袖の飛模様も千鳥に見える。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「年長く病みし渡れば、月ね憂ひひ、ことごとは死ななと思へど、五月蠅なす騒ぐ児等を、ててはは知らず、見つつあれば心は燃えぬ」
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
さてこれに、血竭二羅度、焼酎十六度よりなる越幾斯にて、雲様の斑点模彩す。かつ、あらかじめ原色料をよく乾かすよう注意、清澄たる洋漆を全面びせるべし。
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「褌橋が落ちた。とったものです」で、みんなが笑い出した。今のは鉄橋。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
御存じだと思うが、仏教の方で瀉瓶と云う言葉がある。の水をえるように、すっかり伝えてしまうことである。貴殿に対する拙者の人相教授も瀉瓶だった。
奉行と人相学 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
お京は家に入るより洋燈に火をして、火鉢をきおこし、吉ちやんやおりよと声をかけるに己れは厭やだと言つて柱に立つてゐるを
わかれ道 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
山門の前五六間の所には、大きな赤松があって、その幹がめに山門のを隠して、遠い青空までびている。松の緑と朱塗の門が互いにり合ってみごとに見える。その上松の位地が好い。
夢十夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
てじと投げぬれば
騎士と姫 (新字旧仮名) / 末吉安持(著)
気難かしきこの主人むづかしき顔しつつさくら移植させて
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
「ほウ、水上署から、水産局の監視船へ、事件が移牒されたってわけだね?」
動かぬ鯨群 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
日本の国語にづけて行った詩のことばことばが、らんぼおやぼおどれいるや、そう言った人の育って来、又人々の特殊化して行ったそれぞれの国語の陰影を吸収して行かないのである。
詩語としての日本語 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
どど端唄なら、文句だけは存じておりますが、といって笑顔になって、それはお花見の船でなくッてはりません。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
京都に今歳八十幾つかになる老人で、指頭画の達者な爺さんがある。古い支那画などを指頭臨摹すが、なか/\上手だ。夏目漱石氏が先年京都に遊びに来てからは
州の城内に寺があって、その寺内に鉄塔神というのが祭られているが、その神霊赫灼たるものとして土地の人びとにも甚だ尊崇されていた。
山吹はその清流に影をして咲いているのである。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
「めっきり記憶がなくなってしまった。俺の頭はどうかしている。いやいや頭ばかりではない、身体全体がどうかしている。精力がない! 虚茫けてしまった。……はっきり覚えていることといえば、その時の痙攣一つだけだ」
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それでも体格は立派であり、よく洋装が調和って見えました。
用いてそのまゝに謄写しとりて草紙となしたるを見侍るに通篇俚言俗語のみを
怪談牡丹灯籠:01 序 (新字新仮名) / 坪内逍遥(著)
毗廬遮那如来、北方不空成就如来、西方無量寿仏、十万世界一切の諸仏、各々本尊をして、光焔を発し、一切罪を焚焼して、幼君の息災を垂れ給え
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
徳川さんは、紺のレインハットに、ゲートルに地下足袋のいでたちで、私の乘つてゐた座席へり、雨の中を私達の乘つて來た機關車は小板谷へ登つて行つた。
屋久島紀行 (旧字旧仮名) / 林芙美子(著)
此奴かり京都までつて、萬一宿がないと困ると思ひまして、京都の三白河橋懇意がございますから、其人へ郵便を出して、るからうかめてさいとしてりますると
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
躄車などに乗せてやりましては、世間への見場悪く、……いっそ、道了様を屋敷内へお遷座ししたらと……庭師に云い付け、同じ形を作らせましたところ、虚妄の父、それを同じ道了様と思い
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)