“身贔屓”の読み方と例文
読み方割合
みびいき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
妙子さんのがったとは決して仰有らない。唯清之介さんが流感に罹った、と全く別口に扱っている。母親は殊に身贔屓が強く
女婿 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
こればっかりは男にはできねえ。わしゃいったい、どうも身贔屓をするわけではないが、女の方が男に比べて脳味噌が少し足りねえと思うね。
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
………誰にも身贔屓と云うものはあるから、やの眼には啓坊と云うものが純真の青年のように映るのであろうけれども
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)