“判官贔屓”の読み方と例文
読み方割合
ほうがんびいき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
し、この年配ごろの人数には漏れない、判官贔屓が、その古跡を、取散らすまい、犯すまいとしたのであった——
瓜の涙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
判官贔屓”という語がある。いま始まったことではない。鎌倉末期、足利時代からすでにそれはあったようだ。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
世には判官贔屓という言葉があるといって、よく、義経の悲劇的美化や同情に反駁する者もあるが、しかし、頼朝もずいぶん依怙贔屓の強い方の人である。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)