“依怙贔屓”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えこひいき95.2%
えこひき4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
す役目なり奉行には依怙贔屓ありてしばかり片落しに爲給ふならんと言せも大岡殿發打白眼依怙贔屓とは慮外千萬なり此梅を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
従って批判する場合、依怙贔屓がないといえよう。うなぎの焼き方についても、東京だ大阪だと片意地はいわないが、まず批判してみよう。
鰻の話 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
お勝との女の兒たちとを比べ、お勝がお月さんで他の兒たちは坭龜だと言つて、ひどい依怙贔屓をしたとかで、校長に叱られたさうな。
兵隊の宿 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)