“依怙贔負”の読み方と例文
読み方割合
えこひいき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水流さんや、おえもよっぽど用心しねえとねえぞ。丸十の繁から俺は聴いたんだが、お前えは飛んだ依怙贔負の仕事を
鬼涙村 (新字新仮名) / 牧野信一(著)
すると清はしたものでお兄様はお父様が買ってお上げなさるから構いませんと云う。これは不公平である。おやじは頑固だけれども、そんな依怙贔負はせぬ男だ。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「どうだえ、博勞うまくてたんべ、どつちも依怙贔負なしつちだ」相手得意つてつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)