坊っちゃんぼっちゃん
親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。小学校に居る時分学校の二階から飛び降りて一週間ほど腰を抜かした事がある。なぜそんな無闇をしたと聞く人があるかも知れぬ。別段深い理由でもない。新築の二階から首を出していたら、同級生の一人が冗談に、 …
作品に特徴的な語句
むく うれ くんだ ほご 焦慮いらっ かも 淡泊たんばく とめ あっ 威嚇おどさ なんに こと 言付いつ ねん 焦慮じれった さが そま じゅう がか たっ づま ちご 危険あぶなく あい いた めん かお 一日いちじつ しも 真心まこと がん 本当ほんま はじ ぱな たた うご しまい おさ ひね つら ぶり 懸合かけお 見損みそくな みよう 身長なり にが むこ ほっ ぷく めず ぱい っか 款待もて ざま なな そく はず おそろ おく おぼえ とん あや まこと ぎら へん むき つつみ がち 剰余じょうよ 陶器とうき いで まぬ 鼻垂はなった はた 一日いちんち わが たくまし 水底みずそこ