“頂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いただき52.8%
いただ20.1%
いたゞ11.6%
いたゞき8.8%
むね0.6%
いた0.6%
うえ0.6%
ちょう0.6%
てっぺん0.6%
うな0.3%
うなじ0.3%
あたま0.3%
いたゝ0.3%
いたヾ0.3%
かづ0.3%
ちやう0.3%
てう0.3%
0.3%
イタダキ0.3%
チョウ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
へとつづいているは、かすかにくさむらのえていました。そして、灰色って、雲脚が、かったのです。
谷にうたう女 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「わたしは新羅からはるばるって天日矛命というものです。どうぞこのの中で、わたしの土地してきたい。」
赤い玉 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
も、負けてもはおごつてく方がかつたがどういふのかこの師弟勝負はとかくだれちで、仕舞ひには憂鬱になつて
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
ると、太陽がキラ/\といての、赤裸めて、一個大輕氣球のまに/\此方つてんでた。
「その服屋をうがちて、斑馬逆剥ぎにぎてし入るる時にうんぬん」
神話と地球物理学 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
度々だきましたのは、よく存じておりますけど……何せ、同じ家に居りながら、わたしもちかごろは、まるで箒吉様にお逢いしませんし……
蝕眠譜 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
おまえがいたいとったなら、へでも打衝るがいい、それでなければ、になってから、だれもいない相手うがいい。
明るき世界へ (新字新仮名) / 小川未明(著)
「早くあの豌豆を買ってだい、塩よ。」
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
ここはちょうどこの山の近くになっていたとみえて、かなりの高度もあれば、相当に広闊な平坦地にもなっていたが、山全体には闊葉樹が繁茂し、今登ってきた小径の両側に
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
がくるけたるみ、ふくろ
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
そはが事を言ふならんとやうに、荒尾はしてき笑ひぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
振り向いて、裏の山を見ると、山は夕暮の空に接吻していた。山と空の境界に松だか、杉だかえていた——二本——三本ばかり——その樹のが、北の寒い風に動いていた。
越後の冬 (新字新仮名) / 小川未明(著)
れでは理屈があつてむをずといふ次第か、しからずはりたいだといふに、貴君にはいてかうと此間からひました、だけれども今夜はいけませぬ、何故/\
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
父樣母樣御褒美くべしと威張るに、令孃微笑みながらましきをめて、その大將ひても、しとはらずよくしてされや、大姉樣其外のお夫々片付
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
のけに帽きつつ。
パステルの竜 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
どうだこの天の遠いこと
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
分水上に降る雨が、實に一糎か二糎の相違から、一方は右にれてやがては右の海にそゝぎ、他方は左にれて左の海にそゝぐことになるときかされてゐたのも
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
支えたが溶けるように、島田髷せて、がっくりと落ちて欄干突伏したが、たちまちり返るように、と立つや、蹌踉々々として障子に当って、乱れた袖を雪なす
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
もっとも、そのほかに彼の異形のサマを説明して、顔が二ツだが、合いてなし、つまり二ツの顔の後頭部はピッタリとくッついて一ツになってるという意味らしい。
しかるに我国の学者は往々これを誤って鶏草と書いているのは非である。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)