“丹頂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たんちょう92.3%
たんちやう7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一双屏風の絵は、むら消えの雪の小松に丹頂の鶴、雛鶴。一つは曲水群青に桃の絵雪洞、桃のようなす。……ちょっと風情舞扇
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「あいつは、丹頂のおといって、名うてな女賊ですぜ、どうです、どこかの茶屋のかみさんという風体、まさか、女の盗人とは見えなかったでしょう」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
馬も網島の義父の眞似をして飼つてみたけれど、庭の泉水に羽を切つて放してあつた丹頂の鶴は、羨ましがるだけで、眞似がしきれなかつた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)