“丹頂”の読み方と用例
読み方(ふりがな)割合
たんちょう75.0%
たんちやう25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“丹頂”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
抱くばかりにしたのだが、余所目よそめには手負ておへるわしに、丹頂たんちょうつる掻掴かいつかまれたとも何ともたとふべき風情ふぜいではなかつた。
〔出典〕妖魔の辻占(新字旧仮名)/泉鏡花(著)
丹頂たんちょうつる、たえず鼻を巻く大きな象、遠い国から来たカンガルウ、駱駝らくだだの驢馬ろばだの鹿だの羊だのがべつだん珍らしくもなく歩いて行くかれの眼にうつった。
〔出典〕田舎教師(新字新仮名)/田山花袋(著)
馬も網島の義父の眞似をして飼つてみたけれど、庭の泉水に羽を切つて放してあつた丹頂たんちやうの鶴は、羨ましがるだけで、眞似がしきれなかつた。
〔出典〕天満宮(旧字旧仮名)/上司小剣(著)
丹頂たんちやうのお鶴、御用だツ」
〔出典〕銭形平次捕物控:010 七人の花嫁(旧字旧仮名)/野村胡堂(著)