“鶸”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひわ70.0%
ひは30.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鶸”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 動物学 > 鳥類33.3%
文学 > フランス文学 > 評論 エッセイ 随筆28.6%
自然科学 > 植物学 > 植物学4.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あゐ萌黄もえぎくれなゐの、おぼろ蝋燭らふそくみだれたのは、ひわ山雀やまがらうそ
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
まことや鶯、繍眼児めじろひわ萵雀あおじの羽の緑なる、鳩、竹林鳥るりの紫なる皆何物にも譬へがたなき色なり。
一夕 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
百舌もずひはとちがひ、山鳩やまばとらずの雄鷄おんどりをいたはりました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
駒鳥やひはの声の代りに、今は唯五十雀ごじふからが、稀に鳴き声を送つて来る、——トウルゲネフはもう一度、まばらな木々の中を透かして見た。
山鴫 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)