“鶸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひわ71.4%
ひは28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雀や山雀や山鳩の、啼声ばかりが繁く聞こえる、鎮守の森に包まれて、気絶して倒れた主水の姿が、みじめに痛々しく眺められた。
剣侠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
竹むらにからまる烏瓜をつつきに来る、縁側の上まで寄って来る雀、庭木の細かい枝をくぐる四十雀の姿も目に止った。
果樹 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
枯つ葉一つがさつか無え桑畑の上に屏風てよ、その桑の枝をんだも、寒さに咽喉を痛めたのか、声も立て無えやうなだ。
鼠小僧次郎吉 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
には百舌んでました。百舌雄鷄てはひました。そこへつてました。雄鷄て、百舌じやうにひました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)