果樹かじゅ
相原新吉夫婦が玉窓寺の離家を借りて入ったのは九月の末だった。残暑の酷しい年で、寺の境内は汗をかいたように、昼日中、いまだに油蝉の声を聞いた。 ふたりは、それまでは飯倉の烟草屋の二階に、一緒になって間もなくの、あんまり親しくするのも羞しいよう …
作品に特徴的な語句
ちょう さが かおり かえ 風通かぜとおし かな おき なまめ いり つめた うえ ちり わが きび くるし せん むらが はずか かご むこう あきら 擦合すりあわ こら 室借へやがり たのし 貼出はりだし おび かんがえ すぐ 白金しろがね ほう なめら 湯上ゆあがり 清々せいせい あわ 水底みなぞこ ほと ほし くもり 日当ひあたり ゆびさ 張上はりあげ 引上ひきあげ 差向さしむかい すぐ いと 冬籠ふゆごもり くしゃみ 口惜くやし にわ そその かり ふた 狡猾こうかつ 狼藉ろうぜき 利巧りこう 産褥さんじょく 田舎いなか 甲斐かい 初茸はつたけ 百舌もず 百足むかで 相原あいばら 眉毛まゆげ 真似まね 矗々すくすく ほど 窮屈きゅうくつ かね 素振そぶり 綺麗きれい ののし わず はら ふと 背戸せど そば つや 艶々つやつや すすき にわか 茣蓙ござ 難渋なんじゅう 二十はたち 風情ふぜい 頭脳あたま 亜鉛トタン ふる 雑木ぞうき 随分ずいぶん 障子しょうじ