“淡”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うす44.4%
あわ28.3%
あは22.0%
たん2.4%
あっさ1.0%
あつ0.5%
うすき0.5%
うっす0.5%
アハ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はじめからいながらも変わらぬ愛を持ってくれた人のことは、あの時、その時とその人についてのいろいろの場合が思い出されて
源氏物語:55 手習 (新字新仮名) / 紫式部(著)
青銅のうす黒い花瓶の中から花心もあらわに白く浮き出している梅の花に、廓の春の夜らしいやわらかい匂いがくただよっていた。
箕輪心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
其角は此時和泉のといふ所にありしが、翁大坂にときゝて病ともしらずして十日に来り十二日の臨終り、奇遇といふべし。
がよいの船であろう、「紀淡丸」と記した汽船が桟橋を離れて行くのだが、四五百にも足らないほどの船体がぐるりと船首を向き変えるとき
蓼喰う虫 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
僕が脂っ濃いもの好きで、りした日本料理を解さないせいかも知れないが、洋食店が、殖えたことは、名古屋の変化の、一つの大きな現象だろう。
八の字づくし (新字新仮名) / 古川緑波(著)
ただ筒井の叡智だけがそれを教えたのだ。間もなく赤の飯はふっくりと炊かれ、小豆は赤ん坊のようにあどけなく柔らかくれて、あまい、さりしたの深いいを蔵していた。
津の国人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
北海の魚の味ひと南海の魚の味ひひあるがごとし。
が、折からりと、入江の出岬から覗いて来る上汐に勇気づいて、土地で一番景色のいい、名所の丘だと云うのを、女中に教わって、三人で出掛けました。もう土橋の下まで汐が来ました。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
答へて曰はく「はたすゝきほに出しわれや、尾田吾田節の郡に居る神なり」と。(神功紀)