“淡雪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あわゆき68.4%
あはゆき26.3%
うすゆき5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小指を掛けてもすぐりそうな餌壺は釣鐘のように静かである。さすがに文鳥は軽いものだ。何だか淡雪のような気がした。
文鳥 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
もとの蔦屋旅館)のおさんをねようとふ……る/\に、淡雪えるやうな、あだなのぞみがあつたのです。
雪霊続記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)