“冬霧”の読み方と例文
読み方割合
ふゆぎり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おきれいなのが三人ばかりと、たち、つて、前津田畝あたりを、冬霧薄紫にそゞろきして、一寸した茶屋んだだ。「ちらしを。」と、夫人もくずしをあつらへた。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)