“薬喰”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くすりぐい66.7%
くすりくい33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“薬喰”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
永「いや、なんじゃ、それは何とも、まア一体は食われぬのじゃけれどもなア、旅をするうちは仕方がない、かえって寒気をしのぐ為に勧めて食わせるくらいだから、薬喰くすりぐいにはいわな」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
一人立ち障子をあけぬ薬喰くすりぐい
六百句 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
邪魔が来て門たたきけり薬喰くすりくい
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)