“毛皮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けがわ50.0%
けがは33.3%
ショオル5.6%
もうひ5.6%
ファー5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すっかりまいってしまい、あたまからすっぽり毛皮けがわのきものをかぶせられたまんま、板の寝床にのびている囚人がもう二三人もいるのです。
かはつてかへつてたのはくま膏薬かうやく伝次郎でんじらう、やちぐさんだかさかむたぬき毛皮けがはそでなしをて、糧切まぎりふぢづるでさや出来できてゐる。
その靴も靴下も帽子も、「女」の組の毛皮ショオルも、「男」の組の洋杖ステッキもすべて漆黒しっこくなので、女優たちのはだの色と効果的に対照してちょっと美術的な舞台面だった。
きしうへあつまつた一たいは、それこそ滑稽こつけい觀物みものでした——とり諸羽もろは泥塗どろまみれに、動物けもの毛皮もうひ毛皮もうひ膠着くツつかんばかりに全濡びしよぬれになり、しづくがたら/\ちるのでからだよこひねつて
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
二人ともそっくりおそろいの白い毛皮ファーをはすかいに肩にかけ
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)