“體”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
てい35.0%
からだ33.3%
たい25.2%
かたち1.6%
なり1.6%
さま0.8%
ふり0.8%
だい0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
漸く日光へ、其れから電車を利用して馬返へ來ると、其の邊の紅葉が眞盛なので、山奧へ行つて林間酒を暖めるの風流はあきらめる。
黒岩山を探る (旧字旧仮名) / 沼井鉄太郎(著)
這麼老朽んでも時分だ、とさうふと、やらがする、氣遣ふな、いとつてるやうな。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
掛一志操しからぬ者に付同惡と仇討げ致し候故是非なくを付候と申ければして又其方敵討さん爲に遊女奉公
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
さてかしこに聲となり、かしこよりその嘴を過ぎ言葉のを成して出づ、この言葉こそわがこれをしゝ心の待ちゐたるものなれ 二八—三〇
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
りしとか申程にしく見えしすれば貴公樣などは御は見惡ふせられても泥中蓮華とやらで御人品は自然からと玉程に違ふを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
送る側眼で見てさへ不便に子の可愛さの一筋に小半年せしが妻のお久が病中より更に家業も成ぬ上死後物入何ややに家財雜具を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
故意と重四郎は氣の付ぬにて夫は願つても無い僥倖いふ口なら金の百兩ともして才覺致しますと御世話を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ある處に惣身痩衰へ如何にも嚴重拷問に掛しと見えてれたる樣なり其歳は三十五六歳物柔和なる體なり妻專は之も痩衰へたる有樣にて其に見えにけり明智の大岡殿故其とらるゝ處や有けんかに傳吉汝は如何なる意趣にて親屬なる昌次郎を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
嗚呼々々、六尺のに人竝みの膽は有りながら、さりとは腑甲斐なき我身かな。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)