“惣身”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そうみ58.3%
そうしん41.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六三郎は惣身に冷や水でも浴びせられたように感じて、息ももう詰まってしまいました。からだは石のようになって、ふるえることも出来なくなりました。
子供役者の死 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
前の話があって、ゾッとして寒がっているところへ、それですから、惣身に水をかけられたような思いです。
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
胃についてい得べき事は、惣身についても道い得べき事である。惣身について道い得べき事は、精神についてもい得べき事である。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
日向国飫肥領の山中にて、近き年菟道弓にて怪しきものを取りたり。惣身女の形にして色ことの白く黒髪長くして赤裸なり。人に似て人にず。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)