“惣菜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そうざい90.0%
かず5.0%
さい2.5%
そうさい2.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家の惣菜なら不味くても好いが、余所へ喰べに行くのは贅沢だから選択みをするのが当然であるというのが緑雨の食物哲学であった。
斎藤緑雨 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
これは三人のお惣菜代にして下さい。書きたい事は山々あれど筆にも口にも尽せません。右どうかよろしくたのみます。
新鮮な、いいお惣菜だ。
海豹と雲 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
へい今日は、八百屋でござい。「ナニ八百屋か、けふはやが惣菜をおいてつたからまづいゝね。 ...
狂言の買冠 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)