“かず”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カズ
語句割合
42.3%
21.0%
20.6%
7.7%
2.1%
0.7%
惣菜0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
副食0.3%
仮託0.3%
仲間0.3%
0.3%
副菜0.3%
副食物0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひとり次郎ばかりではない。あの女のまなざし一つで、身を滅ぼした男の数は、この炎天にひるがえるよりも、たくさんある。
偸盗 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
お銀が来るようになってから、一々自身で台所へ出て肴の選択をする必要もなくなったし、三度三度のおも材料が豊かになった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
めぐりゆくものそのいと多し、また臥して苛責をうくるものはその數いと少なきもその舌歎きによりて却つてかりき 二五—二七
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
上にいた着物をのけて寄って行った時に、あの時の女よりも大きい気がしてもまだ源氏は恋人だとばかり思っていた。
源氏物語:03 空蝉 (新字新仮名) / 紫式部(著)
いずこにめてあるかそのに不足を生ぜざるか改めて見んともせず、ひたすらにまた日暮を待ちたり、日はやがて暮れたり
空家 (新字新仮名) / 宮崎湖処子(著)
人の恐るる山𤢖を物のとも思っていないらしい。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
この娘を東国へ旅人の手にけて送ったときの気持に戻って、いっそ、この娘を思い捨てるか。それにしてはこれだけになったものを、あまりに惜しい気もする。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
まるで、きする海女が二十尋三十尋の水底から浮び上ってく様に、深い息の音で、自身明らかに目が覚めた。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
と万事お母さんにけて、乃公を捲く料簡と見えた。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
袖口と手の甲が、涙と鼻汁とで、ぐしょぐしょに濡れた。お副食には小魚の煮たのをつけて貰ったが、泣きじゃくってうまくむしれなかったので、一寸箸をつけたぎりだった。
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
副食は干鱈と昆布の煮〆だったが、お浜はそれには箸をつけないで沢庵ばかりかじっていた。そして、次郎の皿が大方空になったころ、そっと自分の皿を、次郎の前に押しやった。
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
到来物があるたびに、以前は燥ゃぎ立って隣家の加福の家へ自分で裾分けを持って行ったものだったが、この頃は、母親に言われても、何かに仮託けて、つかいに行きたがらない。
痀女抄録 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
魚類が売れません。まあ云うてみればこの奥の手を持たん奴は魚売の仲間に這入らんようなもので……ヘヘヘ。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
雪をいた石燈籠の笠に、うっすり付いていた足跡にって犯人の素性を知ったのであった。だがうも発見、少々眉唾物である。ひどくバタの匂いがする。西洋流の探索である。
半七雑感 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「次郎、お前、どうしてお副菜を食べないのかい。」
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
それに準じてお前、人間は米ばかり食って生きていられるというわけのものじゃあねえ、お副食物も食わなけりゃならず——この方も一杯やらなけりゃあならず
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
御下向の時、名を賜はつたと云ふ石燈籠も、やはり年々に拡がり勝ちな山吹の中に立つてゐた。しかしその何処かにある荒廃の感じは隠せなかつた。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
実は、極く内々の話だが、今でこそ私は腰弁当と人の数にもまえられぬ果敢ない身の上だが、昔は是れでも何のといや、或るサークルでは一寸名の知れた文士だった。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)