平凡へいぼん
私は今年三十九になる。人世五十が通相場なら、まだ今日明日穴へ入ろうとも思わぬが、しかし未来は長いようでも短いものだ。過去って了えば実に呆気ない。まだまだと云ってる中にいつしか此世の隙が明いて、もうおさ …
作品に特徴的な語句
通夜つや 面長おもなが 修羅しゅら 輿入こしいれ 人魂ひとだま 飛白かすり 鵜呑うのみ 午過ひるすぎ 庫裏くり 従弟いとこ 音沙汰おとさた 馴々なれなれ 惜気おしげ 見窄みすぼ しじみ 手蔓てづる 本意ほい 震駭しんがい 掃溜はきだめ 成行なりゆき ます 無沙汰ぶさた 白髪頭しらがあたま 言下ごんか へい しきみ 白湯さゆ 際立きわだ くわ はた 他愛たわい 昏々うとうと 書肆しょし 小皺こじわ 本文ほんもん 海鼠なまこ 足掻あが 陋劣ろうれつ 名告なの 夢現ゆめうつつ つとめ 雨露うろ 内々ないない 尾籠びろう 左程さほど ばつ 遠音とおね 万更まんざら 幾年いくねん 解脱げだつ 薬鑵やかん 花活はないけ 遜色そんしょく 折柄おりから 後姿うしろつき 半歳はんとし 手応てごたえ 湯屋ゆうや 直様すぐさま 莞爾々々にこにこ 道端みちばた 夜着よぎ 擯斥ひんせき 烟草たばこ 生際はえぎわ 草鞋穿わらじばき 鰹節かつぶし 其他そのた 洋灯ランプ 飄々ひらひら あわび 石塊いしころ 悵然ちょうぜん こわ 常談じょうだん 後毛おくれげ 有明ありあけ 木地きじ 烟管きせる 雑作ぞうさ 起上おきあが まかな 意久地いくじ 融通ゆうずう 襷掛たすきがけ 木葉このは 贔負ひいき 黒縮緬くろちりめん 塵芥ごみ 空嘯そらうそぶ 嬌態しな 処々ところどころ 飯事ままごと 田舎者いなかもん 鍍金めッき 其夜そのよ 吩咐いいつけ 裏梯子うらばしご 飽気あっけ 顰蹙うんざり