平凡へいぼん
私は今年三十九になる。人世五十が通相場なら、まだ今日明日穴へ入ろうとも思わぬが、しかし未来は長いようでも短いものだ。過去って了えば実に呆気ない。まだまだと云ってる中にいつしか此世の隙が明いて、もうおさらばという時節が来る。其時になって幾ら足 …
作品に特徴的な語句
ぴっ なアに ちッ やんわ ちッ ゆッ とッ 微笑にッこり たッ 何方どッち ぴど ちッ ぼッ もッ やッ やッ もッ 何処どッ じッ そその 情人ラヴ 可愛いたい とン ちっと ちゃ ひた おこ 彼方あッち へば こッ 莞爾にッこり 微笑にっこり 一寸ちょッと いと じま しばだた つらつ 引掛ひッかか あだか ねむ 阿父おとッ うッす まのあた しきり みッ 如何いつ 地面ちべた もっ 其処それどころ 滑稽とぼけ いき そッ 孩児ねんねえ 地面じづら したた かね まし 此方こッち うかん 莞爾にこにこ くすぐッ もちゃ おッ くち すべっ 一切ひとッき 麦酒ビヤー やたら 紛紜ごたごた 熟々つくつく 矢張やッぱ 彼女あのおんな 引返ひッかえ だち たい のっ こっ 万一ひょッと あし たべ 目眩まぼ 阿母かあ 阿父とう なが 先刻さッき かじ ゆれ 一切ひとしき もじ たら いけ 正面まむき