“尖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とが55.7%
さき32.0%
5.1%
とん2.4%
とんが1.7%
するど0.4%
せん0.4%
とがり0.4%
0.3%
する0.3%
0.3%
トガ0.3%
サキ0.1%
ささ0.1%
さわ0.1%
とがら0.1%
とげ0.1%
とン0.1%
ほそ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また例のやつが彼の腹の中で初まった。すると急に元気づいて来て、口をらし、口笛で何かでたらめのマーチをやり出したりした。
六月 (新字新仮名) / 相馬泰三(著)
書く時には原稿紙の方を動かして右の手の筆のへ持つて往てやるといふ次第だから、只でも一時間か二時間かやると肩が痛くなる。
ラムプの影 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
と、白玉喬は片手を腰に、また、片方のンがり靴をぴょんと前へ投げ出し、手にしていた薄手な盆をすなり見物席を眺め渡して
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
雪江さんは屹度斯ういう。これが伯父さんの先生でも有ろうものなら、口をがらかして、「もッと手廻して早うせにゃ不好!」
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
そして眼には、大きな黒い眼鏡をかけ、いままで崩れた土塊をおこしていたらしく、右手には長い金属製のをもっていた。
○○獣 (新字新仮名) / 海野十三(著)
くて眉毛く其上に左の目尻豆粒程の大きな黒子が一つあり黒羽二重衣物にて紋は丸の中に桔梗と言れてお金は横手を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そして側には一りの弓を立て、腰には両刃の八環刀いて、久しぶりな闘争の発汗に会ったためか酒の色か、いかにもげな眉宇に見える。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
背後の方で老宰相のあえぎあえぎ云うのが聞えた。小さな青い鳥が左側のにとまって、く、く、くと耳にみるように鳴いた。李張の眼がそれに往った。
悪僧 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
地平線の上へ指のきを並べたようなアルプス連山をサフラン色に染めて行く景色を、はっきりと脳裡に感じながら、新吉はだん/\意識を取戻して行った。
巴里祭 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
葉縁にはどき細鋸歯がんでけばよく手を切る事は人の知っている通りである。支那の書物にも「甚ダ快利ニシテ人ヲ傷クルコト鋒刀ノシ」
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
ひしひしとみ立てたれ竹のは突きぬけて寒し竝倉の上に (二八九頁)
文庫版『雀の卵』覚書 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
が、おなじ複雑でも当代のつた生活情調は、さうした修辞法では表されない。其で、女房等の「恋歌」には、直截な表現法をとつたものが多かつた。
今日旗の竿につく金のや、五月幟の籠玉の源になる髯籠(髯籠の話参照)の筋を引いた物に相違ないのである。
幣束から旗さし物へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
従七位は、白痴の毒気を避けるがごとく、を廻して、二つ三つ這奴の鼻のを払いながら
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一寸医刀のると身体を動かす。動かないようにと言っても、子供だから聞分けがない。動くと切りますよって驚かしたら、泣き出して尚お動いた。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「本たうですとも。お調べになつてごらんなさい。」三毛猫が口をせて云ひました。
猫の事務所 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
たどり人の心にぞ有る殼枳寺切道し切るゝ身とは知らずともて命は仲町と三次は四邊見廻すにばずと云ふ名は有りとこそ窟竟の所と思へどまだ夜もければ人の往來ざる故山下通り打過て漸々思ひ金杉と心の坂本大恩寺へ曲り込ば此處は名に中田圃右も左りも畔道にて人跡さへも途絶たる向ふは
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
やあ、僕の理想は多角形で光沢があるの、やあ、僕の神経はの様にがって来たから、是で一つ神秘の門をいて見るだのと、其様事ばかり言う。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
あのい神経の持ち主が、ここまで来ればもう一寸やそっとでは、此の三角形の脅迫観念から退れることはできまいという事も思い合わせることが出来ました。
三角形の恐怖 (新字新仮名) / 海野十三(著)