“坂本”の読み方と例文
読み方割合
さかもと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
気のどくなのは、手近の小さな広場をたよって、坂本、浅草、両国なぞのような千坪二千坪ばかりの小公園なぞへにげこんだ人たちです。
大震火災記 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
ここは近江の国、比叡山のふもと、坂本で、日吉の森からそびえ立った五重塔のてッぺん——そこにみんなのがあつまっているのだった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
坂本寒川諸氏と先生と自分とで神田連雀町鶏肉屋へ昼飯を食いに行った時、須田町へんを歩きながら寒川氏が話した
夏目漱石先生の追憶 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)