“五重塔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごじゅうのとう60.0%
ごぢゆうのたう20.0%
ごぢゆうのたふ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遠藤清子の墓石の建ったお寺は、谷中五重塔を右に見て、左へ曲った通りだと、もう、法要のある時刻にも近いので、急いで家を出た。
遠藤(岩野)清子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
麻布古川芝山内の裏手近く其の名も赤羽川と名付けられるやうになると、山内の樹木と五重塔ゆるつて舟揖の便を与ふるのみか、紅葉の頃は四条派の絵にあるやうな景色を見せる。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
第一に浅草といひさへすれば僕の目の前に現れるのは大きい丹塗りの伽藍である。或はあの伽藍を中心にした五重塔仁王門である。これは今度の震災にもと無事に焼残つた。
野人生計事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)