“伽藍”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
がらん97.0%
ガラン1.5%
きゃら0.8%
カテドラール0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
老人「バッブラッブベエダです。BABRABBADAと綴りますがね。まだあなたは見ないのですか? あの伽藍の中にある……」
不思議な島 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
イヨイヨ時刻到来シテ、松明ノ火ニ西風来ツテ吹キ余多伽藍一宇モ残ラズ、夜昼三日、黒雲トナツテ焼ケ終ンヌ……。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
平泉館一名奥御館の外に清衡の築いた柳の御所、秀衡のいた伽藍の御所、後に義経が頼朝に追われて来て入った高館などの大建築があり、外に家の子郎党の屋敷が軒を並べ、西方には中尊寺
水中の宮殿 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
八月の或る静かな日の午後に、スイスの或る伽藍の中で聴いた『田園交響曲』。戸外の小鳥たちのぴよぴよがオーケストラの鳥たちの声と入り交じっていた。