水中の宮殿すいちゅうのきゅうでん
「お嬢様、大急ぎで鎌倉の翠川様の別荘へいらしって下さい」 「どうしたの、爺や」 「どうもしませんが、夏休になったら、泊りにいらっしゃるお約束じゃございませんでしたか」 「でも、爺や一人で不自由な事はない?」 「私はもう六十八ですもの、どんな …
作品に特徴的な語句
くさび 見透みとおし ゆるし 広場ホール つれ ならび 伽藍きゃら 円鋸まるのこぎり ゆき きわ 此方こっち おとしい 鬱陶うっと かたき くち 小刀ナイフ 広間ホール たち こさ 摺剥すりむき つか 毛越もうつ およぎ 浮標うき あかり 翌日あくるひ たっと 配偶つれあい そそ カバン 一寸ちょっと 一関いちのせき 乙女おとめ 二筋ふたすじ おっ 何処どこ 何時いつ まま 先刻さっき およ もた はじめ 到頭とうとう テーブル 呆気あっけ 呑気のんき 咄嗟とっさ うしな 四切よつぎり 四方あたり 埃及エジプト 基衡もとひら 塑像そぞう 塩梅あんばい おびただ 天幕テント よろ もっと 岐道えだみち 崩折くずお 巨刹おおでら 差支さしつかえ ついで 引摺ひきず あて 御宇ぎょう たちま はばか 成程なるほど ドア ほう 折角せっかく 拵事こしらえごと たす 早速さっそく 昨夜ゆうべ しばら さら 曲者くせもの わく 椅子いす 標題みだし 機会おり 此処ここ 歩廊プラットホーム ほとん 水嵩みずかさ 沢山たくさん 泰衡やすひら 洒落しゃれ 浴衣ゆかた