“塑像”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そぞう92.0%
そざう8.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お美代と大隅理学士とは、共に武夫少年の安否を気づかいながら、暫くは言葉もなく、その涼しい丘の上に塑像そぞうのようにじっと並んで坐っていた。
地球盗難 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ツクネルとはねあげることで、現在の餅や団子はつくねはしないが、本来が生粉の塑像そぞうであったために、今にその名前を継承しているのである。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
アッシェンバッハが、塑像そぞう的なへだたりをおかずに、くわしく、かれの人間性のさまざまなこまかい点をこめて、かれを知覚し認識したほどの近さなのであった。
千種十次郎と早坂勇は、五六間飛退とびのきました。炎の中には忿怒の塑像そぞうのような博士が、全身焼けただれ乍ら、カッと此方こっちを睨んで居るのです。
音波の殺人 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
塑像そぞうのように縋り合っている二人の上へ降りかかっているものは、なんどりとした春陽であり、戦声が絶えたので啼きはじめた小鳥の声であり、微風に散る桜の花であった。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
もう六十を越して、一粒種の孫の喜太郎を杖とも柱とも頼んでゐた、老主人又兵衞の顏は『悲しみの塑像そざう』を見るやうに凄慘でした。
銭形平次捕物控:050 碁敵 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
戸袋とぶくろたなから、觀世音くわんぜおん塑像そざう一體いつたい懷中くわいちうし、つくゑした
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)