“飛退”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とびの65.5%
とびすさ12.7%
とびさが9.1%
とびしさ9.1%
とびす1.8%
とびのき1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
引掻きさうな権幕をするから、吃驚して飛退かうとすると、前足でつかまへた、さないかられて引張つたみであつた。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「おお、え。老人冷水ったもんじゃねえ。」ときつつ、打仰ぎて一目見るより、ひええ! とって飛退り、下駄を脱ぎて、手に持ちはしたれども
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
刃はに合いました。切尖と切尖が、昆虫の触角のように触れて、ジーンと背筋を走るような電気が腕に伝わると、二人は思わず一歩ずつ飛退って、必死の構えを立て直します。
樹島は、ハッと、真綿に据えたまま、蒼白くなって飛退った。そして、両手をついた。指はズキズキと身にえた。
夫人利生記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
首領の声につれて、五六人の怪漢は、二三間飛退さり、懐中電灯の明りを金庫に差し向けます。
青い眼鏡 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
十分に遣過の方より物をも云ず切掛しに三五郎も豪氣なれば飛退さまに拔合せ汝れ重四郎めぢや惡事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)