化鳥けちょう
愉快いな、愉快いな、お天気が悪くつて外へ出て遊べなくつても可や、笠を着て蓑を着て、雨の降るなかをびしよ/″\濡れながら、橋の上を渡つて行くのは猪だ。 菅笠を目深に冠つて潵に濡れまいと思つて向風に俯向いてるから顔も見えない、着て居る蓑の裾が引 …
作品に特徴的な語句
あを なさけな つゝつ もの あほ 父様とつちやん 仰向あをむけ ひたひ ひやゝか せう ちつ ふくらう いぬしし いぬしゝ すゞし 母様おつかさん いつ 一通ひとゝほり 父様おとつさん いきおひ 老父ぢい まつ 過日いつかぢう いゝ ばつ いう とれ おほき 引籠ひつこも かむ 恰好かくかう つくば 始終しゞう 追懸おひか くもつ すは ひつ さけ 腹立はらた 肩掛シヨール こゞ 笑顔わらひがほ ゑみ 低声こゞゑ 動物だうぶつ 仰向あをむ 種々いろん 追放おつぱな しつ 可愛かあ ぱつ きは 彼方あつち なゝ をとがひ うへ 一時いつとき はらひ 顔色かほつき ぼつ 元結もつとゐ 棒杭ばうくひ しづ 鳥獣てうぢゆう あし 内証ないしやう おほ 一廻ひとまはり かふ たゝみ 取着とつつき ぱな 矢張やつぱり ねぢ まへ かう 鼠色ねづみいろ あれ おつ いぢ かへ つめた 師匠しゝやう こゝろよ 縦横じうわう 出処しゆつしよ きれ おもひ 思出おもひで きふ 悠々いういう おなじ あかる しゆ 向岸むかふぎし かは よろ
題名が同じ作品
化鳥 (新字新仮名)泉鏡花 (著)