化鳥けちょう
愉快いな、愉快いな、お天気が悪くって外へ出て遊べなくっても可いや、笠を着て、蓑を着て、雨の降るなかをびしょびしょ濡れながら、橋の上を渡って行くのは猪だ。 菅笠を目深に被って、※に濡れまいと思って向風に俯向いてるから顔も見えない、着ている蓑の …
作品に特徴的な語句
もの つッつ 点々ぽっちりぽっちり 過日いつかじゅう すずし 老父じい かむ ある 種々いろん まわり 父様おとっさん ひやや 追放おっぱな なくな あし おっ だんま もと つくば さいな はらい はた つめ ことば おおき おぼえ きれ つかま 動物けだもの 散々さんざ ちぎ あかる おもい 思出おもいで なり さかさ 引籠ひっこも たくまし 引出ひきだし ひっ れん 庖厨くりや 愉快おもしろ おし はさ 姫様ひいさん むすめ ねら ねじ つち 裁縫おしごと 短服チョッキ 顔色かおつき 下腹したっぱら 乳母ばあや えみ こまか ゆわ とま こども 元結もっとい 猿廻さるまわし かしこま はね 突立つッた きたな わたくし こわ 眺望ながめ にぎや かなし すぐ はや びく 慄然ぞっ なぐさみ 憂慮きづかい ねんごろ たとえ 戸外おもて はな 手掴てづかみ ながれ たのし たけ うわ かわず ぽん おそ 時分ころ 水浸みずびたし ななめ 水潜みずくぐり 沢山たんと もみ
題名が同じ作品
化鳥 (新字旧仮名)泉鏡花 (著)