“懇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねんご56.3%
ねんごろ39.7%
ねもごろ2.0%
こん1.5%
ねん0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
和尚も巡礼の身上で聊かでも銭を出して、仏の回向をして呉れと云うのは感心な志と思いましたから、ろに仏様へ回向を致します。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
彼等の物語をばしげに傍聴したりし横浜商人体の乗客は、無聊を慰められしを謝すらんやうに、一揖してここに下車せり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
の故に智識に預る者はに至誠を発して各介福を招かば、しく毎日三たび廬舎那仏を拝し、自ら念を存し各廬舎那仏を造るべし
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
その意味を々と教えて下すったが、それがほんとうに理解出来たのは、いつごろのことだったろう。
次郎物語:04 第四部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
そうして機嫌の好い顔つきをして、学士ののこんなにえて来た今日、いくら世話をする人があろうとも、そう最初から好い地位が得られる訳のものでないという事情をごろに説いて聞かせた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)