“身上”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんしょう42.8%
しんしやう34.9%
しんじょう7.5%
みのうえ4.1%
しんじやう2.7%
みのうへ2.4%
みじょう2.1%
しんしょ1.0%
しんじよう0.7%
しんしよ0.7%
みあが0.7%
みそら0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お雪ちゃん、お前の前だけれども、女というものは、なんのかんのと言うけれど、つまるところは面だけが身上じゃねえのかなあ——
大菩薩峠:35 胆吹の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「親分の思ひものだが、全く良い女でしたよ、あれが手一杯に働けるところに居ると、一生のうちに良い身上を六つ七つ潰しますね」
身上はなかなかえいそうだけれど、あれもやっぱりかわいそうさ。お前にそうして子どもをつれてゆかれたら、どんな気がするか
紅黄録 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
身上の相談をして、お照は宅へ帰って、得心の上武田重二郎を養子にした処が、お照は振って/\振りぬいて同衾をしません。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
お房は思切ツていけぞんざいな語調で、「へツ、其様な人に思遣があツて耐るかえ。此の飮まれたんじや、無けなし身上みつぶしだア!」
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
惜福は自己一身にかゝることで、聊か消極的の傾があるが、分福は他人の身上にもかゝることで、おのづから積極的の觀がある。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
亥「今まで身上が悪いから菓子屋も茶屋も貸さねえ、仕方がねえから旦那の所へ来たが、玄関の所へ来て這入り切れねえ……旦那済みませんが貸して下せい」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
わしはな、なあ婿さんや、裸一貫で今の身上をきずき上げた男だが、それにはまあ、色んな手を使ったものさ。
そのへざりし奇遇とざりし差別とは、咄々、相携へて二人の身上れるなり。女気き涙ははや宮の目に湿ひぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「あそこの家ぢや、足の裏にあざのある赤ん坊が生れたさうだ。おめでたいことぢやないかね。今にいい身上になるに違ひない。」
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
身上りをしたり、聞けば他で以て高利を借りて、それも是れもまア稼人のこったから私は何にも云いませんけれども、考えて御覧なさい、私はをいくら取りったか知れやしない
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
散々苦労ばかりかけて、んのゆるところもなく、身上で、先立ってこちらへ引越してった親不孝、こればかりはられるようないがするのでした。