敵討札所の霊験かたきうちふだしょのれいげん
一席申し上げます、是は寛政十一年に、深川元町猿子橋際で、巡礼が仇を討ちましたお話で、年十八になります繊弱い巡礼の娘が、立派な侍を打留めまする。その助太刀は左官の才取でございますが、年配のお方にお話の筋 …
作品に特徴的な語句
小鬢こびん 不便ふびん 深傷ふかで 美濃みの ひえ 出雲いずも 反身そりみ 藁草履わらぞうり もんめ 日数ひかず 布子ぬのこ 庫裏くり 薄縁うすべり 蚊遣かやり 膏薬こうやく 不束ふつゝか 手蔓てづる 半襟はんえり さかい 市街まち 傾城けいせい 苗字みょうじ 半纒はんてん 瑕瑾きず 追分おいわけ こて らち 谷間たにあい さて 嫡子ちゃくし 脊中せなか 馬士まご 干物ほしもの 致方いたしかた 頑是がんぜ 堅気かたぎ 奇特きどく 牛蒡ごぼう 一足ひとあし 白山はくさん 小豆あずき 拳骨げんこつ 硯箱すゞりばこ 生捕いけど 癇癖かんぺき 葛西かさい 詮方しょうこと 芥子けし 仲人なこうど 凛々りり 両人ふたり 名告なの 焼酎しょうちゅう 寝覚ねざめ 猶更なおさら 獣物けだもの 内所ないしょ 抵当かた 此度こんど 蒸籠せいろう 申訳もうしわけ 蟄居ちっきょ 処刑しおき 切尖きっさき 外様ほかさま 枕辺まくらもと うめ 竹刀ちくとう 真平まっぴら 床下よかした 神仏しんぶつ 後姿うしろすがた 世辞せじ 行脚あんぎゃ 逆手さかて くろ 夜着よぎ 直様すぐさま 死人しにん 紺屋こうや 利腕きゝうで 膳立ぜんだて 表向おもてむき 譬喩たとえ 豌豆えんどうまめ たき 反故ほご 化物ばけもの 袈裟掛けさがけ 真青まっさお 遺骸なきがら 人中ひとなか 身請みうけ 出遇であ 寝惚ねぼけ 詫言わびごと 追剥おいはぎ 鳩尾みぞおち あつ