敵討札所の霊験かたきうちふだしょのれいげん
一席申し上げます、是は寛政十一年に、深川元町猿子橋際で、巡礼が仇を討ちましたお話で、年十八になります繊弱い巡礼の娘が、立派な侍を打留めまする。その助太刀は左官の才取でございますが、年配のお方にお話の筋を承わりましたのを、そのまゝ綴りました長 …
作品に特徴的な語句
そご じゞ まご あまっちょ わちき くずぶ てまい いッ とゝま わしゃ ねま じゝい おめえ ねな じゞい 女房じゃあま すけ 一寸ちと 女房これ 容易ようえ たっ っかア てまえ つく はた いん なゝつ くび 女房じゃアまア たて おめ かた われ 打擲ぶちたゝ くゝ きめ そち えら つえ せん よぼ おッこ 此処こけい あと えゝ どん はや 此方こっちゃ 打付ぶッつけ ぱず かこ 良人あなた 挙動まね 仕合しやあ っかあ いき ふけ 土竈へッつい おの かわ 其様そないな へい いゝ なか おっし 何様どない あや 這入はえ まえ だか でか これ 手伝てつでえ ばゝあ 武士さむれえ えら あけ 前方めえがた おっか こり めゝ 先日さきのひ わっち 頭髪かしら