“這入”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はい87.5%
はひ4.1%
へえ2.1%
はいり1.2%
はいっ0.9%
へい0.9%
はいつ0.7%
はいら0.4%
はえ0.3%
はひつ0.1%
はひり0.1%
はひれ0.1%
ハヒ0.1%
はいれ0.1%
はいん0.1%
はひら0.1%
はひる0.1%
ハエ0.1%
はいる0.1%
へいり0.1%
へっ0.1%
アタ0.1%
ハヒリ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが私と一緒に働いているここの職人の軽部は私がこの家の仕事の秘密を盗みに這入って来たどこかの間者だと思い込んだのだ。
機械 (新字新仮名) / 横光利一(著)
大手町で電車を降り、停留場前のバラック仮建築の内務省の門衛に訊き、砂利を踏んで這入つて、玄関で竹草履にきかへてゐると
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
伊「悔みをいわれちゃ、穴へでも這入りてえくれえでげすが、それにしてもお前さんこそ何うして其様お姿におなんなすったんですえ」
ドレ其方の床の間に在る其煙草入と紙入を取ッて寄越せ(妾)なに貴方賊など這入ますものか念の為めに見てましょう
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
れか這入て来る、電報がかかる、訪問客が来る、折角考えていたことを中途で妨げられて、またヤリ直すことが幾度あるか知れぬ。
人格を認知せざる国民 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
伴「だがのう、此奴があると幽霊が今夜百両の金を持って来ても、の所へ這入る事が出来めえが、是にゃア困った」
三千代はにも答へずに這入た。セルの単衣に襦袢をねて、に大きな白い百合を三本げてゐた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
日比谷から死骸をアノ河岸まで担いで来る筈は無し、又海軍原でも無い、と云う者は海軍原へは矢鱈這入れもせず
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
百「忰が行ってる菓子屋へ這入ったなア、こりゃア何うもなかったって、もう少しの事で殺される所だってえ」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
見たら富右衞門殿へ平兵衞と云手紙が這入てありすれば穀平殿より富右衞門殿へ送つた手紙が有からは落しは富右衞門殿ならん其邊
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
掛内に這入み居し折柄燒場の外面の方に大喧嘩が始りし樣子故何事かと存じと出てひしにき夜なれば一らず暫時樣子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
致せと云ながら直樣自宅に立歸りお花が部屋に這入ばお花はハツト仰天して友次郎を夜着の中に手早くに有し友次郎が脇差
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
たゞ一刻ばかり前、這入りの戸を揺つた物音があつた。一度 二度 三度。更に数度。音は次第に激しくなつて行つた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
〆切町内々々自身番屋にはの者共火事裝束にて家主抔り/″\相詰たり數寄屋橋御見附這入ば常よりも人數夥多しく天一坊の供繰込を待て御門を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「オヤ何人かと思ッたらお珍らしいこと、此間はさっぱりお見限りですネ。マアお這入なさいナ、それとも老婆ばかりじゃアおかネ、オホホホホホ」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
餘所に見るとは何云心の人なるぞ殊には自分の身勝手のみ云散すは鬼かか思へば/\なやと愚痴の出るも道理なり偖裏口より入んと思ふに萬燈の如く大勢なる他人の居る中へ窶然き姿にて這入ん事此家の手前も有ば如何せんと少間み居たりしにに寢て居し一疋の犬しく思ひてや齒を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
開て忠兵衞が若旦那樣相變らず今日も御本で御座りますかと進み這入に此方は見返へりオヽかと思へば管伴忠兵衞昨今水揚荷物ありて店は大層いそがしいと聞しに今頃何用にて
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
カダルにもにも皆死なれデ、村役場ガラだのだのて、よりも小舍這入テセ、乞食して暮らすデ來るデバ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
しに内よりは大音にて何者なるや内へ這入べしといふ吉兵衞大いにび内へ入りて申やう私し儀は肥後國熊本の者なるが今日の大雪踏迷難澁いたす者なり何卒にて一宿御惠
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
穏坊畜生此方這入やアがるとねえぞ、無闇這入やアがるとオンボウいて押付けるぞ。と悪体をつきながら穏坊掻潜つてスーツと駈出してきました。
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
冗談じゃねえ。何が這入てると思う。種油だよ、しずくぐらいでてたまるもんか」
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「いいえ。きっと這入ってよ。それにその芝居というのが世界に類例のない事実曝露の探偵恐怖劇なんですから……」
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
這入せばめて 物うゝる畑のめぐりの ほゝづきの色※
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)