“大喧嘩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおげんか66.7%
おほげんくわ23.8%
おおげんくわ4.8%
おほけんぐわ4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朝日屋の夫婦は五日に一度くらいの割合で大喧嘩をした。亭主の名は勘六、細君はあさ子、どちらもだかだかの三十二歳であった。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
掛内に這入み居し折柄燒場の外面の方に大喧嘩が始りし樣子故何事かと存じと出てひしにき夜なれば一らず暫時樣子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
幻花子種々珍品れたから、地主との衝突奇談小作人との大喧嘩小南保之助氏貝塚奇遇談やら、足立博士學士時代此所されたやら、却々面白い。