“喧嘩面”の読み方と例文
読み方割合
けんかづら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「人のをみると、すぐ喧嘩面だからッかなくってしようがねえなあ。竹童、おめえとおれとは、なにも仇同志じゃあるめえし、そういつまでを持つことはねえじゃねえか」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
てが順当に行った。播いた種はをするようにずんずん生い育った。仁右衛門はあたり近所の小作人に対して二言目には喧嘩面を見せたが六尺ゆたかの彼れにつくものは一人もなかった。
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
なまじ紹介状があるだけに、喧嘩面で、宿を替えるとも言われない。前世断念めて、せめて近所で、蕎麦饂飩の御都合はなるまいか、と恐る恐る申し出ると、饂飩なら聞いてみましょう。
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)