“夫婦喧嘩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふうふげんか42.9%
ふうふげんくゎ14.3%
ふうふげんくわ14.3%
めをとけんくわ14.3%
めをとげんくわ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それじゃ天下太平なものでありそうだのに、やっぱり夫婦喧嘩も兄弟喧嘩もありました。あったに違なかろうと、まあ思うのです。
創作家の態度 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
(まだ見てるのかい。よくよく執念深いやつだ。夫婦喧嘩の飛ばっちりはよしてれ。)
電車 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「どうしたんだえら、夫婦喧嘩でもしたか」醫者毎日百姓相手にしてけて交際習慣がついてるので、どつしりときな身體からかういふ戯談るのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
この議員候補者や、その運動者がぴし/\引張られてゐるが、有罪の判決を受けてゐる所を見ると、可憎と腹の減つた、では夫婦喧嘩絶間が無い裁判官が多いと見える。
「風呂場で夫婦喧嘩すると、乃公が困るやないか。……駒、お前一寸京子の番してて呉れ。定はん、そんなら一つ焚いてんか。頼む。」
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)