“夫婦鳥”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ツマドリ60.0%
つまどり40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今朝も、深い霜朝を、何処からか、鴛鴦ヲシ夫婦鳥ツマドリが来て浮んで居ります、と童女ワラハメが告げた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
今朝も、深い霜朝を、何處からか、鴛鴦の夫婦鳥ツマドリが來て浮んで居ります、と童女ワラハメが告げた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
今朝も、深い霜朝を、何処からか、鴛鴦おしどり夫婦鳥つまどりが来て浮んで居ります、と童女わらわめが告げた。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
今朝も、何処からか、鴛鴦の夫婦鳥つまどりが来て浮んで居ます、と童女わらはめが告げに来た位である。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)