“主人夫婦”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゆじんふうふ66.7%
あるじふうふ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“主人夫婦”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
主人夫婦しゆじんふうふくもらぬかほ只管ひたすら恐怖きようふとらへられた勘次かんじくびもたげしめた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
無難ぶなんすくされたが、階下かいかにゐた家扶かふ主人夫婦しゆじんふうふうへあんじながらからうじて
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
儂の家族は、主人夫婦あるじふうふの外明治四十一年の秋以来兄の末女をもらって居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)