“あるじふうふ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
主人夫婦50.0%
主夫婦50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
儂の家族は、主人夫婦あるじふうふの外明治四十一年の秋以来兄の末女をもらって居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
ひて遁惑にげまどひしゆゑか、むさぼりて身を忘れし故か、とにもかくにも主夫婦あるじふうふはこの火の為に落命せしなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)