みみずのたはことみみずのたわこと
恒春園南面 儂の村住居も、満六年になった。暦の齢は四十五、鏡を見ると頭髪や満面の熊毛に白いのがふえたには今更の様に驚く。 元来田舎者のぼんやり者だが、近来ます/\杢兵衛太五作式になったことを自覚する。 …
作品に特徴的な語句
メノコ マザー とう ちった あいだ かつぎ びき ひいと 何方どち ひい やァ しばり けん ちっと 此処こち バス いのち から おし あかり われ ある 恍惚エクスタシー もじ おふくろ 汚穢きたなさ くわし 阿爺とうさん なや なけ とく ちょうど ばな みずから あわい 阿爺おとッつぁん こん りょう おめえ 女児やつ 彼処あち せわし たも 汚穢おかい ぶち はお よし 阿母おかあさん しも わたし たたず 全然まったく ひそ とこ そう せい おわり にぎはひ てら なあに なら 彼方あち 湿しと わずろ はば 退しざ 阿爺ちゃん けい つぐ 主婦しゅふ ひい 亀裂ひわれ 何処どけ かわ おら たん いい かなしみ よし とこ しい おのの どあ こう もっと きょく 片々ばらばら うま