みみずのたはことみみずのたわこと
恒春園南面 儂の村住居も、満六年になった。暦の齢は四十五、鏡を見ると頭髪や満面の熊毛に白いのがふえたには今更の様に驚く。 元来田舎者のぼんやり者だが、近来ます/\杢兵衛太五作式になったことを自覚する。 …
作品に特徴的な語句
神田かんだ 薩摩さつま 燭台しょくだい 牡蠣かき 足駄あしだ どんぶり 稲妻いなずま 脾腹ひばら 浅葱あさぎ 凄味すごみ 納得なっとく 素足すあし かば 沢庵たくあん 背戸せど 見馴みな にれ かんな 詰問きつもん 陸奥むつ 幾個いくつ ひえ 浅黄あさぎ 立場たちば 人魂ひとだま 藁草履わらぞうり 一期いちご よし あん 高輪たかなわ ひよ 木蔭こかげ 芍薬しゃくやく うそ 畢生ひっせい 供養くよう インチ 始末しまつ あま 飛白かすり 短冊たんざく きぬた 胡麻塩ごましお 蔓草つるくさ 鵜呑うのみ かも 井桁いげた 午過ひるす 布令ふれ 烏滸おこ 秩父ちちぶ 諸共もろとも もも 従弟いとこ 撞木しゅもく かけひ 芝生しばふ あかね 藁葺わらぶき 加減かげん 掻巻かいまき 律義りちぎ 母家おもや 薄縁うすべり 戦争いくさ 浪花節なにわぶし 看板かんばん 紺絣こんがすり 美事みごと すぎ 熱心ねっしん 章魚たこ 捗取はかど 板塀いたべい 梶棒かじぼう 檀家だんか 籠手こて しじみ 夕靄ゆうもや 芙蓉ふよう 花片はなびら 護謨ごむ 先途せんど 土堤どて 大喝だいかつ 清冽せいれつ 満腔まんこう もみ 微風びふう 百日紅さるすべり 一晩ひとばん 四谷よつや 旱魃かんばつ 武蔵野むさしの 発心ほっしん 立竦たちすく 震駭しんがい 馬子まご 手足てあし 半襟はんえり