“駅”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
えき56.4%
うまやじ12.7%
しゅく10.9%
うまや7.3%
しく1.8%
しゆく1.8%
つき1.8%
つぎ1.8%
つぐ1.8%
とど1.8%
はゆま1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人は、往来かって、したのです。電線に、が、ぽかりとかんでいました。これをつけた、良二
昼のお月さま (新字新仮名) / 小川未明(著)
「昔平ノ重衡は、囚人として東海道を、関東へ降る道すがら、何んとかいうで白拍子の千寿と……で、わしも……行こう、亀千代」
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
お節句の菖蒲を軒から引いたくる日に江戸をたって、その晩はの通りに戸塚に泊って、次の日の夕方に小田原のへはいりました。
半七捕物帳:14 山祝いの夜 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
いつの間にか、トチトチトン、のんきらしいに乗って、駅と書いた本所停車場の建札も、と読んで、白日、菜の花をむる心地。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
○そも/\我郷雪中の洪水、大かたは初冬と仲春とにあり。といふは左右人家一道づゝのあり、魚野川へ落る、三伏にもく事なき清流水也。
常ならば東海道の五十三詩にもなるべき景色ならんに、柿色の筒袖に腰縄さえ付きて、巡査に護送せらるる身は、われながら興さめて、駄句だにでず
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
それから同人の五十三の一枚画を見た所が原駅の所に鶴が二羽田に下りて居り袋井駅の所に道ばたの制札の上に雀が一羽とまつて居つた。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
君は維新のおん帝、御十七の若帝、御束帯に御冠御板輿に打乗らせ、天下取ったる公卿将卒に前後左右をらして、錦の御旗を五十三の雄風にへし、東下りをし玉ひぬ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
土水木各々をその納音で見れば、お久美は大駅土、大く土にまる。
故に前年せて天下の神宮をへ、去歳く天下をして釈迦牟尼仏の尊像高一丈六尺なるもの各一鋪を造り並に大般若経一部を写さ令めき。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)