“山駅”の読み方と例文
読み方割合
さんえき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は国境を離れると、すぐに一行に追いついた。一行はその時、ある山駅の茶店に足を休めていた。左近はまず甚太夫の前へ手をつきながら、幾重にも同道を懇願した。
或敵打の話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
うちこし四里山径隆崛して数武平坦の路を浅貝といふ宿二居嶺(二リ半)を三俣といふ山駅に宿し、芝原嶺を下り湯沢んとするにて一楹茶店を見る。
うちこし四里山径隆崛して数武平坦の路を浅貝といふ宿二居嶺(二リ半)を三俣といふ山駅に宿し、芝原嶺を下り湯沢んとするにて一楹茶店を見る。