“国境”のいろいろな読み方と例文
旧字:國境
読み方割合
くにざかい68.2%
こっきょう16.7%
くにざかひ6.1%
こくきやう4.5%
くにさかい1.5%
こくけう1.5%
さかい1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時も、吉左衛門は金兵衛と一緒に雪の中を奔走して、村の二軒の旅籠屋で昼じたくをさせるから国境へ見送るまでの世話をした。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
をならべるように、国境からった山脈が、だんだんとくなって、しまいにいすそをへ、していました。
しいたげられた天才 (新字新仮名) / 小川未明(著)
事の原由を尋ぬるに、旗野の先住に、何某とかやひし武士のありけるが、まてることありて改易となり、を追はれて国境よりぞ放たれし。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
何うしても行くつもりだと言はなかつたならば、B達はその名高い渓谷をそのまゝ通り越して、ずつと国境を越して了つたに相違なかつた。
山間の旅舎 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
信濃と越後の国境に秋山といふ処あり、大秋山村といふを根元として十五ヶ村をなべて秋山とよぶ也。
山の頂上に出で其後国境とする所をみてらんとするを云ふなり、二派各其困難の度を比較して利害得失べ、甲論乙駁容易せず、数時間をに水源論多数め之れに一决す
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
「へえ? ……なぜです。どうして支那の帝王を決めるのに、昔からなどの国境を侵して、われわれ漢民族をかしてきた異国の匈奴などと相談する必要があるのですか」
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)