“何某”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なにがし92.6%
なにぼう3.2%
だれだれ1.1%
なにそれがし1.1%
なにのそれがし1.1%
なんのなにがし1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何某。)とかのを持った一人が声を懸けると寝台の上に仰向けになっていたのは、り落ちるように下りて蹌踉と外科室へ入交る。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その親が海に働こうとしてに浜に出たが、まだ夜が明けぬのでしばらく寄木を枕にして仮睡していると、今ほど何某の家に子がれる。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
この翻訳をするには、一つには伝記を読んで、何某がどういう誤りをして、どういう結果にった。そしていかなる法によって、取り返しをしたかを知るが一つ。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
わたしは飯田在の、某村何某の娘であるが、今から十三年前、ちょうど十六の七月に、近くの川へ洗濯に往っておって、れられない因縁から、そのまま山に入って仙人になったが
女仙 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
近世、江戸牛天神の社のほとりに貧乏神の禿倉有けり。こは何某とかいいし御家人の、窮してせんかたなきままに、祭れるなりといい伝う。さるを何ものの所為にやありけん。その神体を
貧乏神物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
その男は酒に酔うと浮かれてなどい出した。そして帰りがけに、衣兜から名刺を取り出して、お庄にくれた。名刺には高等洋服店何某と記してあった。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)