“謳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うた97.0%
うと1.8%
ウタ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『あんな名僧知識われたがまだこんな薄暗境涯るのかしら……。』時々意外ずるような場合もあるのでございます。
当麻路に墓を造りました当時、石をぶ若い衆にのり移ったが、あの長歌をうた、と申すのが伝え。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
当麻路に墓を造りました当時、石をぶ若い衆にのり移つたが、あの長歌をうた、と申すのが伝へ。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)